3Dイメージングとセンシングのためのショットの特殊薄板ガラス

empty
3D Imaging and Sensing
近い将来、視覚化と知覚認知はスマート機器の要件となるでしょう。3Dイメージングとセンシングは、奥行き情報を記録して人間の視覚を再現する技術を提供し、次世代製品のデジタル化とインテリジェント化を可能にします。ガラスは、3Dイメージングおよびセンシング機器において代替不能な重要な役割を担っています。

ショットには、写真撮像機器やセンシング用途向けの各種ガラスを提供してきた長い歴史があります。ショットは3Dイメージングやセンシングのさまざまな機器、そしてコンポーネント技術の発展に寄与すべく、優れた性能の各種特殊薄板ガラス製品を提供しています。これらの薄板ガラスは、ショット独自のダウンドローガラス生産技術によって製造されています。

ショットの特殊薄板ガラスは、Time of Flight (ToF)、構造化光、ステレオビジョンおよびデュアルカメラなどの各方式に採用されています。ショットは特殊ガラスの優れた特性を利用して、顔認識、モバイルペイメント、アニメーション、3Dモデリング、 拡張現実(AR)およびバーチャルリアリティ(VR)などの分野で3Dイメージングとセンシングの実現を支援します。

ショットのさまざまな特性を備えた各種特殊薄板ガラスは、3Dイメージングおよびセンシング用途向けのセンサや照明の設計、製造に自由度をもたらします。優れた幾何学的特性、光学特性、表面品質によって、 ショットの薄板ガラスは、さまざまな3Dイメージング機器やセンシング機器、コンポーネントに採用されています 。

ショットのガラスは、CMOSカバー、IRカットフィルタ、 ウエハー・レベル・パッケージ 、 ウエハー・レベル・オプティクス (WLO)、回折光学素子(DOE)および狭帯域バンドパスフィルタに適しています。高度な標準的イメージングや検出要件を満たし、3Dイメージングおよびセンシング用コンポーネントのソリューションにさまざまな可能性を開きます。
SCHOTTは、本サイトの表示を最適化し、閲覧者の利便性を向上するためにCookiesを利用しています。本サイトにアクセスすることで、閲覧者はCookieの利用に同意したものとみなされます。