耐放射線ガラス

empty

高電離放射線環境下(耐強誘電破壊)の用途に

ショット・アドバンスドオプティクス事業部は分散特性の異なる各種耐放射線ガラスを提供しています。
  • BK7G18
  • LF5G19
  • LF5G15
  • K5G20
  • LAK9G15
  • F2G12 and
  • SF6G05.
これらの硝種は、放射線量が高い環境での使用に適しています。

組成にセリウムを添加することにより、光学ガラスは、電離放射線によって生じる透過損失に対して安定化させることができます。添加されたセリウムが、UV領域の透過範囲を長波長側へシフトさせ、ガラス固有の色から黄色を帯びた色調に変化をもたらします。初期の着色を最小限に保ちながら放射線に対する高い安定性を達成するためセリウム含有量を最適化することに成功した製品です。

耐放射線特性は、硝種により異なるなか、BK7G18LF5G19などは特に優れた特性です。

通常、LAK9G15を除くすべての耐放射線ガラスは、光学ガラスカタログに基づく標準泡品質でご用意可能です。
LAK9G15では、直径0.03㎜以上の泡における泡の断面積合計の最大許容値は、100㎝3あたり0.1㎜2です。
このガラスタイプでは、直径0.03㎜未満の多くの異物が存在することが一般的であり、製造方法により避けることができません。

耐放射線ガラスはカットブランク、プレス品、ロッド、又は光学コンポーネントの形状で提供します。
ガラスの在庫状況を常時保証しているものではありませんので御注文時には、事前にご連絡ください。
SCHOTTは、本サイトの表示を最適化し、閲覧者の利便性を向上するためにCookiesを利用しています。本サイトにアクセスすることで、閲覧者はCookieの利用に同意したものとみなされます。