精密モールド用低Tgガラス

製品情報

精密モールドに適したガラス転移温度の低いガラス


精密モールド成形は、非球面レンズなど、さまざまな用途で使われる複雑なレンズの最新の量産技術のひとつです。

ショットは、精密モールド用に開発した、
Tgガラスと呼ばれるP-SF68P-SK57Q1P-SK58AP-BK7など各種光学ガラスを提供しています。

Tg
ガラスは、精密モールドに適したガラス転移温度と、ガラスの失透を抑え、モールド成形温度範囲内で型材との反応を低減するガラス組成を有しています。

精密モールドによって、研磨またはファイアポリッシュされたプリフォームが表面品質を維持したまま最終形状に成形されます。通常のモールド成形の温度範囲は
500℃から700℃で、これによって、金型の耐用期間が延び、プロセス時間を短縮することが可能になります。

ショットの低
Tgガラスは、光学ガラスロッドやボールレンズなどの形状で提供されます。

特長

  • ほぼ550 ℃以下という低いガラス転移温度により、金型の耐用期間の長期化とプロセス時間の短縮を実現
  • モールド成形温度範囲においてガラスと金型との化学反応を抑制
  • 狭い光学公差
  • 豊富なサイズ
  • さまざまn供給形態
  • 技術サポート

供給形態

精密モールド用低Tgガラスの供給形態
 
供給形態*
サイズ*
光学ガラスロッド
  • 各種形状
  • 各種表面品質
直径:< 1 mm – 7.5 mm; 長さ:1000 mまで
直径:> 7.5 mm – 12.5 mm; 長さ:140 mmまで
ボールレンズ
  • 各種形状
直径:0.8 mm – 14 mm

*ご要望により、他の供給形態やサイズでの提供も可能です。詳細はお問合せ下さい。 

技術詳細

素材

Low Tg Glasses in our Abbe-Diagram
お問い合わせ
ショット日本株式会社
〒160-0004
東京都新宿区四谷4丁目16−3
日本国
SCHOTTは、本サイトの表示を最適化し、閲覧者の利便性を向上するためにCookiesを利用しています。本サイトにアクセスすることで、閲覧者はCookieの利用に同意したものとみなされます。