球面レンズ

empty

さまざまな形態のシングレット、ダブレット、トリプレットレンズ

球面レンズは、さまざまな用途で、集光や焦点への光の収束、光の分岐などのために使われており、また、レンズシステムでは、一般的に、収差補正機能用のコンポーネントとして使われます。

 

収差補正機能は、相互に接合された2枚から3枚の異なるレンズで構成され、球面収差と色収差を補正します。


製品例:

  • 平凸/平凹レンズ 
  • 両凸/両凹レンズ
  • 色収差補正ダブレットまたはトリプレット
  • メニスカスレンズ
SCHOTTは、本サイトの表示を最適化し、閲覧者の利便性を向上するためにCookiesを利用しています。本サイトにアクセスすることで、閲覧者はCookieの利用に同意したものとみなされます。