最新情報

empty
検索を入力してください。:
 
27.
May
ショット、拡張現実および複合現実向け高屈折率ガラスウエハー SCHOTT RealView™の次世代モデルを発売開始
ドイツの特殊ガラスメーカー、ショット(SCHOTT AG、 本社:ドイツ・マインツ市、取締役会会長:Dr. フランク・ハインリヒト)は、拡張現実(AR)や複合現実(MR)技術を搭載したスマート・グラス向け高品質光学ガラスウエハー「SCHOTT RealView(ショット リアルビュー)™」の次世代モデルのサンプルを2019年5月27日より日本で販売いたします。現在市場で販売されている最先端スマート・グラスの視野角は約40度ですが、ショットが新しく開発したSCHOTT RealView™次世代モデルは最大65度の視野角および屈折率1.9を実現し、より深い没入体験の提供を可能にします。ショットは、今回の新製品の導入によって、日本においてもARおよびVR市場の開拓をさらに進めてまいります。 さらなる情報
2018
13.
March
ショット、孔開け加工技術を用いたガラスウエハー製品群を開発
~より小型な電子部品の開発を可能にするウエハーの微細加工を実現~ さらなる情報
2017
23.
February
ガラス製の画期的な素材:スマートフォンとセンサーのイノベーションをリード
国際的なテクノロジーグループ、ショットは、「中国のシリコンバレー」深センで、中国の報道機関を対象に、スマートフォンやタブレットなどモバイルデバイスの未来にガラスがもたらす大きな可能性について発表を行いました。ディスプレイ用保護ガラスのような製品のみならず、シリコンとの適合性が高いショットの特殊ガラスは、センサーやチップ、アンテナなどの設計に革新をもたらします。 さらなる情報
08.
February
ショット、超大型望遠鏡用ミラー基板の製造契約を締結
ショットは、欧州の超大型望遠鏡の反射鏡基板(第2反射鏡「M2」および第3反射鏡「M3」)に関する製造契約を締結しました。 M2はこれまで生産されたなかで最大の凸面鏡です。 ZERODUR®(ゼロデュア)ガラスセラミックへの需要の高まりに応え、ショットは、第2熔融炉を近日中に稼動させる予定です。 さらなる情報
SCHOTTは、本サイトの表示を最適化し、閲覧者の利便性を向上するためにCookiesを利用しています。本サイトにアクセスすることで、閲覧者はCookieの利用に同意したものとみなされます。