ポリマー材料と比べたホウケイ酸ガラス管の特徴と利点

システムのたるみ

  • ポリマーに比べてガラス管は弛みが起こりません。


射光性

  • 優れた射光性
  • ソラリゼーションやブローイング効果が起こりません。
  • 藻類をUVより保護のための添加剤やコーティングが必要ありません。
  • ホウケイ酸ガラス管は50年以上の耐用年数

防火

  • ガラスは燃焼せず、有害物質を生成しません。

溶出性

  • ガラスは耐化学に優れた素材です。プラスチック製チューブの場合は、ポリマーの種類やビスフェノール分子のような有害物資指定を受けたモノマーやオリゴマーによっては、ポリマーが藻類培地へ溶出する可能性があります。

洗浄性

  • 安定した機械特性がポリマー製ペレットによる継続的なインライン洗浄を可能にします。
  • 化学的安定性が定置洗浄(CIP = Cleaning in place)を可能にします。
  • 高品質のポリマー製チューブに比べて、材料コストとメンテナンスコストが低く抑えられます。
Borosilicate Glass
Borosilicate Glass
Polymer
Polymer

熱安定性

  • 低い熱膨張係数による伸縮ループを必要としません。
例えば、長さ5.5 mのガラス管の温度を20℃上げた場合、ガラスは0.36 mm膨張する一方で、ポリマーは3.3-8.8 mm膨張します。

コストセービング

  • ガラス管は耐用年数が50年以上を誇ります。
  • 高い機械的安定性によりラックの数を低減し、支点の距離を長く保つことが出来ます。例えばPMMA比べて一般的にガラスは2倍の距離を保つことが出来ます。
  • ガラス管のスタンダード品の長尺5.5 mにより、継手ジョイントの数を減らすことが出来ます。
Sagging of water filled tubes
水量による弛み (外径 65 mm、肉厚 2.2 mm、長さ 2.75 m) ガラスとポリマーの弛みはそれぞれ0.5 mm、8.6 mmです。ポリマー製チューブは1.5 m毎に支点が必要なのに対して、ガラス管では2.75 mで対応可能です。

水量による弛み

  • ポリマー管と対照的にガラス管は永久歪みが生じません。
見本市 & イベント
28.
November
展示会 Speech @ CPhI India, Mumbai, India, 2017-11-28 - 11-30
05.
February
展示会 GFIA, Abu Dhabi, الإمارات العربيّة المتّحدة, 2018-02-05 - 02-06
お問い合わせ
SCHOTT Nippon K.K.
〒160-0004
Tokyo 4 Chome-16-3, Yotsuya, Shinjuku-ku 9F
日本国
SCHOTTは、本サイトの表示を最適化し、閲覧者の利便性を向上するためにCookiesを利用しています。本サイトにアクセスすることで、閲覧者はCookieの利用に同意したものとみなされます。