手術

手術用途では、視野空間内を完璧に照らすことが極めて重要です。ショットのガラス光ファイバの新製品PURAVIS®(無鉛)では、卓越した白色光伝送性能と演色性能により、最適な手術条件を実現できます。喉頭鏡や手術機器で目的の手術野を直接正確に照らす場合に極めて優れたツールであることが実証されています。

手術用顕微鏡のガラスファイバは、特定の機器に関して、ライトガイドの各種デザインに合うよう構成されています。これにより、最大限の機械的保護と高い柔軟性を実現することが可能となります。

手術室で医師が安心して手術に臨めるよう手助けをするのは、標準的な光ファイバ製品だけではありません。小型、軽量、かつ節電型のLEDヘッドランプも使用されています。また、光強度が極めて高いLED光源(ショットのLEDgine 2など)は小空洞を照らす上で、外科医の高い信頼を得ています。

以上は、技術や医療ノウハウによって手術室内の機能を高める方法を示すものです。