内視鏡検査

内視鏡内の光学系は、さまざまな要素で構成されています。ガラス光ファイバPURAVIS® は、複数の開口角(NA)に対応しており、体内のさまざまな腔内を均一に照らすことができます。ここで重要になるのは、伝送される光の質と量です。これらの要素は、新たな診断法(癌を早期発見するための光生検など)の土台にもなります。その例として、体内組織の観察のための蛍光法や各種照明法があります。

柔軟性の高い画像伝送用ファイバは、内視鏡の柔軟性においても重要な役割を担っています。ショットのイメージバンドルでは、画素数が多く高い解像度が得られるので、極めて正確な診断が可能になります。

ユーザーからの要求において特に強いものは、上記の医療機器に課された特殊な使用環境における耐性です。各機器は、クリーニングや消毒、滅菌を頻繁に実施しなければなりません。この高い使用要求に応えるため、生体適合性を備え、オートクレープに対応した材料を使用しております。