医療用途

信号としての光: 光の役割として、さまざまな建物や室内に患者を導いたり、医療機器において警告や安全上のサインをスタッフに示したりすることが挙げられます。たとえば、ガラス光ファイバは、照明だけでなく重要な生体信号の送信にも使用されています。

より信頼性の高い診断を可能にするための光: 正確な診断は、光の明るさ自体によって保証されるわけではありません。さまざまな組織構造を正確に検出・診断するには、特殊な演色法や各種の波長に基づく必要があります。画像伝送用/光伝送用の小型ファイバや、LEDソリューションを駆使すれば、医師は深い腔内をすぐに確認したり、より詳しく調べたりすることができます。ショットの製品によって、必要とされる光と解像度が適確に得られます。

有効な治療手段としての光: 診断後の治療でも、私たちは光の恩恵を受けています。たとえば、新生児の黄疸を治療するための光線療法や、うつ病や睡眠障害を治療するための光線力学的療法/光線療法は、光で実現できることの一部に過ぎません。

弊社の幅広い製品群は、歯科デジタルX線手術体外診断患者モニタリング内視鏡検査光線療法アンビエント照明などの分野にわたっています。