プレスリリース

2017-10-18

ショット、自動車インテリア向け照明製品を日本で販売開始

ドイツの特殊ガラスメーカー、ショット(SCHOTT AG, 本社:ドイツ・マインツ市、取締役会会長:Dr. フランク・ハインリヒト)は、自動車インテリア用ライトガイドMultiLight (マルチライト)を、本日より販売開始いたします。近日開催される「第45回東京モーターショー2017」に向けて、自動車の機能性とデザインへの関心が高まる中、ショットは、輪郭照明とスポット照明を1台の光源に統合したMultiLightと、世界市場で実績のある側面発光ライトガイドSideLight (サイドライト)の販売拡大をめざします。MultiLightとSideLightはいずれも車内空間演出用の環境照明製品です。また、自動車インテリアのカスタマイズや美しさの質の向上に対するニーズにお応えすべく、ショットは、優れた耐久性と加工性を備えた内装用の軽量素材として、印刷加工を施した超薄板ガラスを併せて提案します。
ショットの側面発光ライトガイドSideLightは、輪郭を強調するために特別に設計された側面発光のライトガイドで、車内に柔らかい照明効果を創り出します。写真:ショット社
ショットの側面発光ライトガイドSideLightは、輪郭を強調するために特別に設計された側面発光のライトガイドで、車内に柔らかい照明効果を創り出します。写真:ショット社
新たに発売するMultiLightは、側面発光ライトガイドとスポット照明の組合せなど、さまざまな照明を自動車インテリアに採用する際に最適な製品です。MultiLightは、輪郭照明とスポット照明といった機能が異なる複数の照明ケーブルを1台のRGB光源に統合した、初めての製品です。光源を1台にすることで、必要な電子部品点数を減らし、搭載にかかる時間と手間を短縮し、コストの低減を可能にしました。また、メインテナンスも容易です。ドアハンドル、グローブボックス、スピーカーなどの限られたスペースの輪郭照明の搭載にも高い自由度をもたらします。
 
一方、SideLightは、輪郭線を強調するために特別に設計された側面発光のライトガイドで、車内に柔らかい照明効果を創り出します。ドアやセンターコンソール、足元に使用すると、開放感が醸し出されます。また、照明の色を調整し、より快適でパーソナルな空間を創り出すことができます。SideLightは、日本を始め世界各国で販売しており、ドイツやアメリカなどの大手自動車メーカーによって採用されています。
 
SideLightは自動車各社のインテリアデザインに柔軟に適合するため、高級車種に採用されています。柔軟性、耐久性、色安定性、発光均一性が高く、プラスチック製光ファイバを用いたソリューションよりも優れています。SideLightは、内装製品、外装製品の世界的な大手OEM(相手先ブランドによる生産)数社による試験によって、マイナス40℃から95℃の厳しい気象条件や、紫外線、化学薬品などに対する耐性を含め、各OEMの基準に適合していることが証明されています。
 
新しいMultiLightに加え、ショットは、主にモバイル機器用途に使われている超薄板ガラスを、自動車用インテリアデザインの新しい素材として提案します。超薄板ガラスは、カスタムデザインの印刷や曲面形状加工などを可能にし、高級感のある仕上がりをもたらします。自動車インテリア用途に提案する超薄板ガラスは、板厚250マイクロメートル以下という薄さにもかかわらず、高い耐衝撃性と曲げ強度、優れた耐擦傷性と耐化学薬品性を持ち、汚れや指紋の付着を防ぐ機能も備えています。超薄板ガラスは、自動車の軽量化と、上質で耐久性に優れた外観の追求の両立を可能にします。
 
ショットは、自動車インテリアの様々なニーズに応え、自動車デザイナーやドライバーに新しい可能性をお届けすべく挑戦を続けて参ります。
 
詳細は、自動車インテリア向け製品の特設サイトをご覧ください: http://www.schott.com/innovation/jp
 
 
 
 
 
ショットについて
ショットは、特殊ガラスやガラスセラミックの分野をリードする国際的なテクノロジーグループ企業です。ショットは130年以上にわたり、優れた研究開発や素材と技術の専門知識をもとに、多岐にわたる高品質な製品とインテリジェントソリューションを提供しています。ショットは、家電、医薬品、エレクトロニクス、光学、自動車ならびに航空など、さまざまな産業にイノベーションをもたらします。ショットは製品を通じてすべての人びとの暮らしのなかに息づき、イノベーションと持続可能な成功の実現に努めています。また、ショットは世界34ヵ国に製造・販売拠点を設置し、グローバルに事業を展開しています。現在の従業員数は約15,000人で、2016年度の売上高は約19億9000万ユーロです。ショットグループの親会社であるショットAGは、ドイツ・マインツ市 に本社を置き、カールツァイス財団がその株式の100%を所有しています。財団所有企業であるショットは、従業員、社会、環境に対する社会的責任を重視しています。www.schott.com
 
 
ショット日本について
ショット日本は、ショットグループのアジア初の販売子会社として、1966年に設立されました。結晶化ガラス、光学ガラス、薄板ガラス、管ガラスなど、 ショット製品の日本市場での販売を担当しています。主要製品のひとつセランは、その耐熱性を評価され、1977年以降、リンナイ株式会社の加熱調理機の トッププレートに採用されています。ショットグループは、2000年にNECとの合弁会社「NEC SCHOTT コンポーネンツ株式会社」を設立、日本での活動を活発化させています。http://www.schott.com/japan
 
 
本件の製品販売に関するお問い合わせ先:
ショット日本株式会社
電話番号: 03-5366-2491 
Fax番号: 03-5366-2481
 
本件に関する報道・出版関係のお問い合わせ先:
ショットグループ 広報代理
CNC Japan 岸本・村上
電話番号:  03-5156-0273 / 0102
FAX番号: 03-5156-0188
Email:
marika.kishimoto@cnc-communications.com
itsuki.murakami@cnc-communications.com
 
見本市 & イベント
21.
November
展示会 Pharmtech, Moscow, Россия, 2017-11-21 - 11-24
24.
November
展示会 C-Touch, Shenzhen, 中国, 2017-11-24 - 11-26
27.
November
展示会 IBTE 2017, Shenzhen, 中国, 2017-11-27 - 11-29
SCHOTTは、本サイトの表示を最適化し、閲覧者の利便性を向上するためにCookiesを利用しています。本サイトにアクセスすることで、閲覧者はCookieの利用に同意したものとみなされます。