低融点ガラス付けキャップ

光データ通信用途には非常に高い精度で信号を送受信する必要があるものが多く、そのためには光効率を最適化する必要があります。しかし成形キャップの中には、その光学特性がこのニーズを満たしていないものもあります。
低融点ガラス付けキャップは、特殊な光学特性を有するために製造されたガラス材料を使用してます。このガラスは、特殊な半田ガラスを用いて金属フレームに強固に接合されています。この方法は、ガラスコーティング施すことは無論の事、必要とされる特性を持つウィンドウやレンズを金属に接合することを可能にします。対応するヘッダーにこのキャップを使用すれば、繊細なコンポーネントを長期間保護し、光信号を高い精度で確実に伝送することが可能な気密封止ハウジングを製造することができます。
見本市 & イベント
13.
March
展示会 OFC 2018, San Diego, CA, United States, 2018-03-13 - 03-15
17.
September
展示会 Gastech, Barcelona, España, 2018-09-17 - 09-20
13.
November
展示会 electronica, Munich, Deutschland, 2018-11-13 - 11-16
お問い合わせ
ショット日本株式会社
〒528-0034
滋賀県 甲賀市水口町日電3-1
日本国
SCHOTTは、本サイトの表示を最適化し、閲覧者の利便性を向上するためにCookiesを利用しています。本サイトにアクセスすることで、閲覧者はCookieの利用に同意したものとみなされます。