エネルギー

発電機は、タービンの運動エネルギーを電気エネルギーに変換します。このプロセスでは、副産物として熱が発生するため、発電機を冷却しなければなりません。大型発電機の場合には、特にそうです。大型発電機を効率良く冷却するため、水素(H2)が使用されます。水素は、冷却材として使用する場合に、非常に良好な熱除去特性を発揮します。ただし、非常に引火性の強い気体でもあります。
SCHOTTは、安全なフランジタイプの計装制御用導入端子のほか、熱電対端子、あるいはその両者を組み合わせた端子を提供することで、エネルギー発電機の生産性を数十年にわたり確実に維持してきました。

SCHOTT Eternaloc®発電機用導入端子モジュールは、主に次のようなもので構成されています。
  • 圧縮封止技術でニッケル-鉄導体をガラス封止した鉄フランジ
  • 発電機容器の構成を考え、貫通部に1〜406本端子をガラス封止
  • 最大121本まで熱電対 をガラス封止め可能
  • 貫通部と発電機間は、通常Oリングを使用
見本市 & イベント
13.
March
展示会 OFC 2018, San Diego, CA, United States, 2018-03-13 - 03-15
17.
September
展示会 Gastech, Barcelona, España, 2018-09-17 - 09-20
13.
November
展示会 electronica, Munich, Deutschland, 2018-11-13 - 11-16
お問い合わせ
ショット日本株式会社
〒528-0034
滋賀県 甲賀市水口町日電3-1
日本国
SCHOTTは、本サイトの表示を最適化し、閲覧者の利便性を向上するためにCookiesを利用しています。本サイトにアクセスすることで、閲覧者はCookieの利用に同意したものとみなされます。