タイヤ空気圧センサー用ハーメチックシール

製品概要

タイヤ圧のモニタリングを実施すれば、乗客の安全性と快適性をさらに高めることができます。またタイヤ圧は、タイヤの性能にも直接影響を与えます。しかし、タイヤ圧を正確かつ確実に測定するには、タイヤ内で圧力を測定しなければなりません。そのため直接測定システムは、他のタイヤ圧測定システムと比較して大幅に優れているのです。

タイヤ圧センサーは、タイヤのバルブに内蔵するか、またはゴム混合物内にて加硫処理を直接施します。いずれの場合でも、センサーのハウジングを超小型化、軽量化、平面化しなければなりません。通常は、動力が不要なSAWフィルタをタイヤ圧センサーとして使用しています。したがって、特殊な電力フィードスルー要件を満たすガラスと金属のハウジングコンポーネントを使用する必要はありません。この場合には、タイヤ内部またはタイヤ上の極端な環境条件からセンサを保護することだけがハウジングを使用する目的になります。

特長

ガラスと金属封止技術によるフィードスルーは、タイヤ内部やタイヤ周囲に見られる過酷な環境条件に極めて長期間耐える能力を備えています。すなわち大きな温度変化や、特に強い振動と急激な衝撃による影響をセンサーが受けることはありません。

用途

米国では、過去に遭遇したさまざまな問題を受けて、数年前からタイヤ圧の継続的なモニタリングが義務づけられるようになりました。

また人気が高まりつつあるランフラットタイヤでも、タイヤ圧のモニタリングが義務づけられています。ランフラットタイヤの場合、圧力の低下をドライバーに警告し、それに合わせたドライビングを可能にするためにタイヤ圧センサーが非常に重要な役割を果たします。

仕様

技術

軽量かつ高い耐性を備えた材料(特にステンレススチール)を用いてタイヤ圧センサーを封止します。
パッケージ部品の気密性を確保するため、ガラスと金属の封止技術が使用されています。詳細については、こちらをご覧ください。

仕様

当社の製品はすべてお客様のご注文に応じて作らせていただいております。詳しくは、当社営業担当者までお問い合わせください。

納品形態

どの製品も、個別に包装し、トレーで納品することが可能です。

品質

当社の気密端子は、すべてISOの品質保証であるISO 9001/14001を取得した弊社の工場で製造しています。詳細については、こちらをクリックしてください。
見本市 & イベント
30.
May
展示会 Materials, Veldhoven, Netherlands, 2018-05-30 - 05-31
26.
June
展示会 World Nuclear Exhibition, Paris, France, 2018-06-26 - 04-28
05.
September
展示会 CIOE - China International Optoelectronic Expo, Shenzhen, 中国, 2018-09-05 - 09-08
17.
September
展示会 Gastech, Barcelona, España, 2018-09-17 - 09-20
お問い合わせ
ショット日本株式会社
〒528-0034
滋賀県 甲賀市水口町日電3-1
日本国
SCHOTTは、本サイトの表示を最適化し、閲覧者の利便性を向上するためにCookiesを利用しています。本サイトにアクセスすることで、閲覧者はCookieの利用に同意したものとみなされます。