Browse through our press and news section by category:

01.06.2016, SCHOTT AG, 2016年5月31日

ショットがガラスウエハーの幅広い製品ポートフォリオを提供

特殊ガラスメーカーがECTCでその材料と技術に関する知識を発表します
ショットの薄板・超薄板ガラスウエハーと基板は複数の材料で製造され、様々な表面品質および特注仕様による12˝までのサイズがあります。写真:ショット
ショットの薄板・超薄板ガラスウエハーと基板は複数の材料で製造され、様々な表面品質および特注仕様による12˝までのサイズがあります。写真:ショット
特殊ガラス専門メーカー、ショットは、半導体・光電子工学業界の標準要件を満たす薄板・超薄板ガラスウエハーおよび板ガラスのリーディングサプライヤーの1つです。ショットは、ラスベガスで5月31日から6月6日まで開催される国際電子部品・技術会議(ECTC)で、様々な材料と加工技術に基づく多彩な製品を展示します(ブース220)。その高品質ウエハーと基板により、ショットはIC実装、無線周波数(RF)コンポーネント、微小電気機械システム(MEMS) 分野における新しい動向に貢献します。 

特殊ガラスの開発、製造における130年以上の経験に基づき、ショットはガラスウエハーおよび基板の幅広い製品ポートフォリオを提供しています。様々な化学特性や熱機械特性、表面品質の各種材料によって、製品の多様性を実現しています。独自工程で製造されるウエハーと基板には複数のサイズ(ウエハー直径12˝まで、板サイズ510 x 510mm2)と厚さ(1.1mmから超薄の25 µm)があります。さらに、ショットは幅広い形状を網羅する「貫通ガラスビア」(TGV))によるガラスウエハーの処理技術並びに構成分野における広範囲の応用支援を提供しています。 

「ショットは、幅広い材料および加工技術力によって、特別仕様を含むカスタマイズソリューションをお客様に提供しています。ショットは、たとえば、コンシューマーエレクトロニクスや高性能計算、また自動運転などの分野で「More than Moore」の最新の業界動向をサポートし、コスト効率の高い高性能水準をエンドユーザーに提供することを可能にします」とショットAG新事業超薄板ガラスディレクター、リューディガー・シュプレンガード博士は話しています。

最先端の加工技術力

ショットは電子産業向け材料のポートフォリオの拡大だけでなく、加工技術の最適化および展開にも継続的に取り組んでいます。ショットは用途固有なカスタマイズされたソリューション開発のため、顧客や開発パートナーの外部ネットワークとも連携します。
薄板および超薄板ガラス用レーザー構造化技術を開発する一方で、ショットは厳密な公差で大量生産可能なガラスウエハーの粗構造化用超音波ラッピング工程を既に確立しました。 

ショットは先頃ウエハーポートフォリオを拡大し、感光性構造化ガラスFOTURAN® IIを加えました。約30年以上にわたり試験および検査した先行製品と比較して、本製品は材料均質性など大幅に進歩した品質により特徴づけられます。FOTURAN® IIウエハー独自の特性は、高アスペクト比と最小形状を提供することで無線周波数(RF)コンポーネントや微小電気機械システム(MEMS)といった分野に可能性を与えます。FOTURAN® IIウエハーは、紫外線露光(標準的なリソグラフィー装置による。ただし、フォトレジストを使用しない。)、焼き戻し、エッチングの3ステップで構造化・加工できます。より高い温度安定性が必要とされる場合には、追加のセラミック化のオプションもあります。

詳細情報:
http://www.schott.com/advanced_optics/english/products/wafers-and-thin-glass/glass-wafer-and-substrates/glass-wafer-and-substrates/index.html
http://www.schott.com/advanced_optics/english/products/optical-materials/thin-glass/foturan-2/index.html?highlighted_text=FOTURAN%C2%AE

FOTURAN® はSCHOTT AGの登録商標です

ショットについて
ショットは、特殊ガラスやガラスセラミックの分野をリードする国際的なテクノロジーグループ企業です。ショットは130年以上にわたり、優れた研究開発や 素材と技術の専門知識をもとに、多岐にわたる高品質な製品とインテリジェントソリューションを提供しています。ショットは、家電、医薬品、エレクトロニク ス、光学、自動車ならびに航空など、さまざまな産業にイノベーションをもたらします。ショットは製品を通じてすべての人びとの暮らしのなかに息づき、イノ ベーションと持続可能な成功の実現に努めています。また、ショットは世界35ヵ国に製造・販売拠点を設置し、グローバルに事業を展開しています。現在の従 業員数は約15,000人で、2015年度の売上高は約19億3000万ユーロです。ショットグループの親会社であるショットAGは、ドイツ・マインツ市 に本社を置き、カールツァイス財団がその株式の100%を所有しています。財団所有企業であるショットは、従業員、社会、環境に対する社会的責任を重視し ています。www.schott.com
ショットの感光性FOTURAN® IIガラスウエハーは3または4ステップで構造化・加工できます:紫外線露光、焼き戻し、エッチング、セラミック化。写真:ショット
ショットの感光性FOTURAN® IIガラスウエハーは3または4ステップで構造化・加工できます:紫外線露光、焼き戻し、エッチング、セラミック化。写真:ショット
Press contact
SCHOTT AG
Dr. Jürgen Steiner
Public Relations Manager
Hattenbergstraße 10
55122 Mainz
Germany
Phone: +49 6131/66-4335
Further information
SCHOTT AG
Salvatore Ruggiero
Vice President Marketing and Communication
Hattenbergstraße 10
55122 Mainz
Phone: +49 6131/66-4140
SCHOTT uses Cookies on this Website to enhance the user experience and provide the best possible Service. By continuing to browse the Website, you consent to our use of Cookies.