Browse through our press and news section by category:

10.07.2014, SCHOTT AG

ショット、ガラスセラミック「POWERAMIC™」を発表
高電圧コンデンサ用の新しい誘電体

ドイツの特殊ガラスメーカー、ショット (SCHOTT AG、本社:ドイツ・マインツ市、取締役会会長:Dr. フランク・ハインリヒト)は本日、同社が高電圧コンデンサ用の誘電材料として、「POWERAMIC™」を新規に開発したことをお知らせします。本製品の日本における販売は、ショットグループのNEC SCHOTTコンポーネンツ株式会社(本社:滋賀県甲賀市、代表取締役社長:武富正弘)が担当致します。

ショットのガラスセラミックPOWERAMIC™は、高温下でも絶縁性と破壊強度に優れ、高いエネルギー貯蔵密度を有し、高電圧コンデンサの小型・軽量化と高性能化を実現可能にする。出典:ショット
ショットのガラスセラミックPOWERAMIC™は、高温下でも絶縁性と破壊強度に優れ、高いエネルギー貯蔵密度を有し、高電圧コンデンサの小型・軽量化と高性能化を実現可能にする。出典:ショット
空隙が無く緻密性が高い、ガラスセラミック誘電材料である本製品は、高温下でも絶縁性と 破壊強度に優れ、非常に高いエネルギー貯蔵密度を有しています。 POWERAMIC™は、高電圧コンデンサの小型・軽量化と高性能化を実現する、画期的な新材料です。

コンデンサは、2枚の金属板の間に挟まれた誘電体に、静電エネルギーを蓄電する受動部品です。主に、電力変換装置における電流変動の緩衝、カップリングや平滑用に使用されます。高電圧コンデンサは、半導体の加工や視力矯正手術で利用されるエキシマレーザー機器のほか、医療用X線装置、工業用高電圧電源(HVPS)や、再生可能エネルギー用送電システムに必要不可欠な部品として、近年その需要が高まっています。

コンデンサにかかる電圧や電流密度が高くなると、熱負荷も増加します。 現在、高出力機器用コンデンサに使用されている誘電材料は、ポリプロピレンやN4700等のセラミックが主流ですが、90℃以上の環境では静電容量が小さくなったり、製品品質の信頼性が失われたり、といった問題が生じています。

ショットのリサーチ&テクノロジーデベロップメントで、シニア・プリンシパル・ サイエンティストを務めるマーティン・レッツ博士はこう述べています。 「POWERAMIC™は、既存のコンデンサ材料を最大で10倍上回る貯蔵密度を実現しています。緻密性が高く、空隙のないガラスセラミック誘電体であるPOWERAMIC™は、高温下でも絶縁性と破壊強度に優れています。この製品は、高電圧コンデンサの小型・軽量化と高性能化を可能にする、画期的な新材料です」

POWERAMIC™は、ナノサイズの結晶構造と、厳密に管理されたアモルファス相を特徴としています。

ショットは40年以上にわたって、ガラスセラミックを開発・生産してきました。 ガラスセラミックの世界的なリーディングサプライヤーとして、天体望遠鏡反射鏡用の超低膨張ガラスセラミック「ZERODUR®」と、クックトップパネル用ガラスセラミック「CERAN®」のほか、暖炉・ストーブ用透明ガラスセラミック「ROBAX®」や、過酷な環境下での使用を想定した工業製品に最適な高機能ガラスセラミック「NEXTREMA® 」を販売して います。

ショットのPOWERAMIC™は、チタン酸塩ベースのガラスセラミックです。POWERAMIC™は、2つの製造工程を経て生産されています。まずはじめに、透明なアモルファス相をもつガラスを熱加工します。次に、時間と温度が最適化されたプロファイル下で、ナノサイズに結晶化させます。

ショットは、化学成分を厳選し製造工程を厳しく管理することで、製品公差が狭く、安定性と信頼性の高い品質を維持しています。

POWERAMIC™は、メタライズ品または非メタライズ品として提供可能です。また、ドアノブ型、円筒型、シングルレイヤーキャパシタ、SMD型のほか、顧客の製品仕様に沿ったカスタムデザインの対応も可能です。

その他、詳細情報は下記をご参照ください(英語サイト):
http://www.schott.com/epackaging/english/glass/poweramic-glass-ceramic-dielectrics.html

印刷用画像データは下記URLよりダウンロードできます:
http://www.schott-pictures.net/presskit/236675.poweramic

ショットAGについて
ショットAGは、特殊ガラス・材料、先進技術分野で130年以上の歴史を有する国際的な技術グループ企業です。ショット製品の用途は、家電、医薬品、電子機器、光学機器、輸送機器など多岐に渡っており、多くの製品が世界No.1として評価されています。ショットはサステナビリティを追求し、従業員、社会、環境への支援に努めています。またショットは世界35ヵ国に製造・販売拠点を設置し、お客様との密接な関係を保っています。現在の従業員数は約15,400人で、2013年度には約18.4億ユーロの売上高を達成しました。なお、ショットは、カールツァイス財団の 傘下企業です。

NEC SCHOTTコンポーネンツ株式会社について
NEC SCHOTTコンポーネンツ株式会社は、日本のNECとドイツのショットグループの出資により、2000年9月に設立された合弁会社です。当社は、気密端子、温度ヒューズ等の電子コンポーネンツ分野および特殊ガラス応用分野において、NECおよびSCHOTTグループが持つグローバルなノウハウを最大限に生かし、21世紀以降もお客様に満足していただける製品やサービスを提供しています。



本件の製品販売に関するお問い合わせ先
NEC SCHOTT コンポーネンツ株式会社
GTMS部
塚田康雄

電話番号: 0748-63-6638
Fax番号 : 0748-63-2371

本件に関する報道・出版関係のお問い合わせ先
ショットAG 広報代理
CNC Japan 村上 

電話番号: 03-5156-0102
FAX番号: 03-5156-0188
Email: itsuki.murakami@cnc-communications.com

Press contact
SCHOTT AG
Michael Müller
Hattenbergstraße 10
55122 Mainz
Deutschland
Phone: +49 6131/66-4088
Fax: +49 3641/2888-9141
Further information
SCHOTT AG
Salvatore Ruggiero
Vice President Marketing and Communication
Hattenbergstraße 10
55122 Mainz
Germany
Phone: +49 6131/66-4140
SCHOTT uses Cookies on this Website to enhance the user experience and provide the best possible Service. By continuing to browse the Website, you consent to our use of Cookies.