Browse through our press and news section by category:

17.06.2014, SCHOTT AG

SCHOTT、高透過ブルーガラスフィルター BG60シリーズHTバージョンを発売

ドイツの特殊ガラスメーカー、ショット (SCHOTT AG、本社:ドイツ・マインツ市、取締役会会長:Dr. フランク・ハインリヒト)は、ブルーガラスフィルター、BG60シリーズの製品ポートフォリオを強化しています。
[表1] BG62 HTの透過率: 0.21ミリメートルの厚みのガラスで、可視光域で透過率を最大2%改善。 出典: ショット
[表1] BG62 HTの透過率: 0.21ミリメートルの厚みのガラスで、可視光域で透過率を最大2%改善。 出典: ショット
プレスリリース:2014年6月17日
本日新たに、より高い特性を持ったHT(High Transmission=高透過)バージョンのブルーガラスフィルターを発売いたします。これらの製品は、2014年6月17日から19日まで台湾にて開催される「国際オプトエレクトロニクス展(OPTO Taiwan)」のショットのブース(ブース番号 N393)で展示します。

新しいブルーガラスフィルターは、高性能カメラに優れた透過特性をもたらします。0.21ミリメートルの厚みのガラスで、可視光域で透過率を最大2%改善しました。さらに、赤外波長範囲では高いブロッキング性能を保持します。ショットの新しいBG60シリーズHTバージョンは、間接照明など光量の限られた環境下での写真撮影に最適です。

アドバンスドオプティクス事業部でアジアセールス副社長を務めるウベ・ウィルケンスはこう述べています。
「ショットは、急速に成長しているアジアのスマートフォン市場に参入し、この2年間、大きな成功をおさめています。ショットのブルーガラスフィルターBG60シリーズは、アジアの主要な携帯機器メーカーのスマートフォン用カメラユニットに採用されています。BG60シリーズに新たに加わったHTバージョンは、お客様の次世代機器や今後開発されるアプリケーションに最適な素材であると確信しています」

ドイツの特殊ガラスメーカー、ショットのブルーガラスフィルターは、高機能カメラのイメージセンサに組み込んで使われますが、既存の素材に比べ、優れた特性を発揮します。
BG60シリーズHTバージョンは可視光域で非常に高い透過率をもっています。
板厚は、カメラで最も広く使用されている、0.21ミリメートルです。透過率は、最大で2%の向上に成功しました。照度の低い状況では、このようなフィルターを用いて撮影した写真は画像ノイズが減少し、全体的な画質が向上します。フィルターの厚さが1.0ミリメートルの場合、透過率は7~8%向上します。

ショットのBG60シリーズ、新たに開発されたBG60シリーズHTバージョンのいずれも、過酷な環境下での使用にも耐える優れた耐環境性を有しています。これらのブルーガラスフィルターは、脈理や気泡、異物が極めて少なく優れた内部品質を持っています。生産安定性が高いため、ロット毎、ガラスの溶解単位毎の透過率や屈折率のバラつきが少ないこともショットのブルーガラスフィルターの特長のひとつです。

ショットのブルーガラスフィルターは、標準的な4点曲げ強度試験で120メガパスカルの高い曲げ強度を実現しており、容易かつ安全に既存の加工工程で加工することができます。さらに、BG60シリーズのブルーガラスフィルターは有害物質であるアンチモンやカドミウム、鉛、クロムなどを含有せず、環境に優しい製品です。顧客からの要望により、すべてのブルーガラスフィルター製品について、国際的に有名なSGSによる試験結果も提供可能です。

また、ショットは、特殊な用途に応じたカスタムソリューションも提供しています。

その他、詳細情報は下記をご参照ください(英語サイト): http://www.schott.com/advanced_optics/english/syn/advanced_optics/products/optical-components/optical-filters/nir-cutoff-filters/index.html?tab=tabs-239396-5

印刷用画像データは下記URLよりダウンロードできます: http://www.schott-pictures.net/presskit/240880.opto2014

ショットAGについて
ショットAGは、特殊ガラス・材料、先進技術分野で130年の歴史を有する国際的な技術グループ企業です。ショット製品の用途は、家電、医薬品、電子 機器、光学機器、輸送機器など多岐に渡っており、多くの製品が世界No.1として評価されています。ショットはサステナビリティを追求し、従業員、社会、 環境への支援に努めています。またショットは世界35ヵ国に製造・販売拠点を設置し、お客様との密接な関係を保っています。現在の従業員数は約 15,400人で、2013年度には約18億4000万ユーロの売上高を達成しました。なお、ショットは、カールツァイス財団の傘下企業です。

ショット日本について
ショット日本は、ショットグループのアジア初の販売子会社として、1966年に設立されました。結晶化ガラス、光学ガラス、薄板ガラス、管ガラスなど、ショット製品の日本市場での販売を担当しています。主要製品のひとつセランは、その耐熱性を評価され、1977年以降、リンナイ株式会社の加熱調理機の トッププレートに採用されています。ショットグループは、2000年にNECとの合弁会社「NEC SCHOTT コンポーネンツ株式会社」を設立、2008年には株式会社モリテックス(現・ショットモリテックス株式会社)の株式の大量取得など、日本での活動を活発化 させています。


本件の製品販売に関するお問い合わせ先
ショット日本株式会社
アドバンスドオプティクス事業部門
担当:マネージャー 森田 正路
電話番号: 03-5366-2491
Fax番号: 03-5366-2481


本件の報道・出版関係に関するお問い合わせ先
ショットAG 広報代理
CNC Japan 村上
電話番号: 03-5156-0102
FAX番号: 03-5156-0188
Email: itsuki.murakami@cnc-communications.com
Press contact
SCHOTT AG
Michael Müller
PR Manager
Hattenbergstraße 10
55122 Mainz
Germany
Phone: +49 6131/66-4088
Fax: +49 3641/2888-9141
SCHOTT uses Cookies on this Website to enhance the user experience and provide the best possible Service. By continuing to browse the Website, you consent to our use of Cookies.