TEMPAX Float® & 光学用ミラー:ひらめきとクオリティーの融和

光学用ミラーはわずかな狂いが特定の性能に大きな影響を与えることがあるため、その性能に求められる要求は極めて厳格になっています。 熱安定性は、温度変化を受ける環境でミラーが使用される場合に必要不可欠です。 エンジニアが材料を特定する際、透過率が並外れて高く、コストが妥当であることに加え、表面品質が優れているという特性も考慮します。TEMPAX Float®は、このようなさまざまな厳しい要件を満たしており、高性能なオプティクスとして世界中で使用されてきました。
TEMPAX Float® & 光学用ミラー:ひらめきとクオリティーの融和

TEMPAX Float®-優れた特性の和がもたらす独自性は光学用ミラーに活かされています!

  • 並はずれて高い透過性
  • 卓越した耐熱性
  • 高い化学的耐久性
  • さまざまなサイズと厚さ

TEMPAX Float®製の光学用ミラーは、卓越した透過率を実現します。

TEMPAX Float®は、その並外れて高い透明性、卓越した表示品位と光学的透明度により、研究開発や産業機器の数多くの光学用途で選ばれています。 可視光、近赤外および近紫外の波長領域における高い透明度は、お客様にさまざまな新しい可能性を提供いたします。 特定の光透過率は厚さに依存し、Fe2O3の含有量により大きく左右されます。 TEMPAX Float®特殊ガラスは、最高純度の原材料のみを用いているため、鉄含有量が極めて少なく(~90ppm)、透過率が並外れて高くなります。 事実、TEMPAX Float®は市販の全てのフロートガラス
で鉄含有量が最も少ない工業用ガラスです。
光学データ
アッベ数 (ve = (ne – 1) / (nF‘ – nC‘))
65.41
屈折率 (nd587.6 nm)) 1.47140
分散 (nF – nC) 71.4 x 10-4
応力光学係数 (K) 4.0 x 10-6 mm2 N-1

参考値(保証値ではありません)。

TEMPAX Float®-弱い固有蛍光発光が要求される用途に最適な基板

高エネルギー放射線により活性化されることによって、電磁放射線を発する物質があります。
この特性は、蛍光発光特性と呼ばれています。蛍光発光特性は物質の純度、構造特性、放射線の励起エネルギーや励起波長に依存します。TEMPAX Float®は、透明度の高いガラスで、ソーダライムフラットガラスに比べ、固有蛍光発光は格段に弱くなります。

TEMPAX Float®製のオプティクスは、熱負荷や化学的腐食に耐性があります。

TEMPAX Float®特殊ガラスの組成は、優れた光学特性を持たせるためのものだけではありません。 熱膨張を極めて低くし、化学的耐久性を高めるような設計になっています。 ガラスネットワークの結合状態を決定するホウ素は、このような特別な性質の実現に重要な役割を果たします。 TEMPAX Float®は、非常に優れた温度安定性と耐熱衝撃性が要求される場合に使用されます。 熱強化や熱加工(3D)も可能です。 TEMPAX Float®は、耐加水分解性、耐酸性と耐アルカリ性にも優れ、アルカリ拡散が低いことでも知られています。
熱特性
線熱膨張係数 (C.T.E.) α (20 - 300 °C)
3.25 x 10-6 K-1 *
比熱容量 cp (20 - 100 °C) 0.83 kJ/(kg·K)
熱伝導率 λ (90 °C) 1.2 W/(m·K)

* ISO 7991 による.
化学的耐久性
耐加水分解性
(ISO 719 / DIN 12 111 による)
(ISO 720 による)
 
HGB 1
 HGA 1
耐酸性 (ISO 1776 / DIN 12 116 による)  1
耐アルカリ性 (ISO 695 / DIN 52 322 による) A 2
最高使用温度
短期間使用 (< 10 h)
500 °C
長期間使用 (≥ 10 h) 450 °C
TEMPAX Float®の粘性
作業点 (104 dPas)
1270 °C
軟化点 (107,6 dPas) 820 °C
アニール点 (1013 dPas) 560 °C
歪点 (1014,5 dPas) 518 °C
ガラス転移温度 (Tg) 525 °C

どのような用途にも適したサイズと厚さ

供給形態

TEMPAX Float®は、以下の標準板厚、公差で提供しています。

サイズ

TEMPAX Float®は、以下の標準サイズで提供しています。
Standard thicknesses
標準板厚
mm
公差
mm
0.70 ± 0.05
1.10 ± 0.05
1.75 ± 0.05
2.00 ± 0.05
2.25 ± 0.05
2.75 ± 0.10
3.30 ± 0.20
3.80 ± 0.20
5.00 ± 0.20
5.50 ± 0.20
6.50 ± 0.20
7.50  ± 0.30
9.00  ± 0.30
11.00  ± 0.30
13.00   ± 0.30
15.00   ± 0.40
16.00  ± 0.50
19.00   ± 0.50
21.00 ± 0.70
25.40 ± 1.00

シート板厚は製造工程で連続的にレーザー測定装置によって測定されます。
その他の板厚および公差につきましては、お問い合わせください。
標準サイズ
サイズ 板厚
1,150 x 850 mm 0.7 – 25.4 mm
1,700 x 1,300 mm 16.0 – 21.0 mm
2,300 x 1,700 mm 0.7 – 15.0 mm

お問い合わせ

ショット日本株式会社

〒160-0004
東京都新宿区四谷4-16-3
日本生命新宿御苑前ビル9階
日本国
 +81-3-5366-2491
 +81-3-5366-2481
メール
地図