TEMPAX Float®– クオリティーによるひらめき

多様性に名前がついた

オーブンのドアや先端医療技術で使われるバイオチップ、あるいは、劇場のスポットライト用コンポーネント、フィルムプロジェクター、潜水ロボット。TEMPAX Float®ほど多様な用途に使われるガラスはほとんどありません。宇宙開発分野でも、このガラスを研究用望遠鏡の重要な部品として採用しています。このガラスのおかげで、研究者たちは、興味深い新たな次元の観察が可能になるのです。

ドイツで製造されたTEMPAX Float®は、世界で初めてフロート製法によって作られたホウケイ酸ガラスです。熱的、光学的、化学的、機械的に卓越した特性と優れた平坦度を有する高品質なガラスです。TEMPAX Float®の化学組成と物理的特性はDIN ISO 3585およびEN 1748 T1に準拠しています。TEMPAX Float®を再発見し、最も汎用性の高いガラス素材の無限の可能性を経験してください。

BOROFLOAT chemical composition

マイクロフロートプロセスによる製造

ショットは独自の最新鋭マイクロフロート技術を用いてTEMPAX Float®を製造しています。マイクロフロートプロセスが鏡面のような表面と優れた平坦度、そして卓越した光学的特性を有する高均質なガラス品質をもたらします。
見本市 & イベント
31.
January
展示会 Photonics West, San Francisco, United States, 2017-01-31 - 02-02