化学的特性

徹頭徹尾高い耐性

酸、アルカリ、その他の有機物はTEMPAX Float®に、文字通り、何の負荷も与えません。多くの産業機器用途には、TEMPAX Float®の高い耐水性も重要なメリットをもたらします。たとえば、医療や分析用途の、精確さを要求される感度の高い測定機器は、適切に保護されていないと、肝心な時に、測定値に影響が出る恐れがあります。TEMPAX Float®の高い加水分解安定性は、化学産業などさまざまな研究施設が第一選択肢として選ぶ特殊ガラスというその地位を不動のものにしています。
バイオチップ、DNAシーケンサー、反応槽の検査用のぞき窓のような複合製品など研究開発や産業用途に、TEMPAX Float®の高い耐性は不可欠となっています。低くなおかつ極めて安定したアルカリ含有という特長は、先端技術領域の難易度の高い用途の素材には最適の化学的性質です。

主な特長:

高い化学的耐久性

  • 高い耐加水分解性
  • 優れた耐酸性
  • 高い耐アルカリ性
  • 低いアルカリ拡散
化学的耐性
耐加水分解性 (ISO 719 / DIN 12 111による)
(ISO 720による)
HGB 1
HGA 1
耐酸性 (ISO 1776 / DIN 12 116による) 1
耐アルカリ性 (ISO 695 / DIN 52 322による) A 2
ディスプレイガラスの腐食試験
試薬
95°Cで24時間
摩耗 [mg/cm2]
外観検査
5 Vol.% HCl < 0.01 変化なし
0.02 n H2S04 < 0.01 変化なし
H20 < 0.01 変化なし

95°Cで6時間
   
5 % NaOH 1.1 白いシミ
0.02 n NaOH 0.16 ヘイズ
0.02 n Na2CO3 0.16 変化なし

23°Cで20時間
   
10 % HF 1.1 白濁
10 % NH4F x HF 0.14 変化なし

選択試薬に対するTEMPAX Float®の化学耐性
見本市 & イベント
31.
January
展示会 Photonics West, San Francisco, United States, 2017-01-31 - 02-02