SCHOTT Group Home

超薄板ガラス

超薄板ガラス –薄くてフレキシブルなのにタフ

独自のダウンドロー法により、ショットは信頼性の高い製造現場から、自動車や医療分野に加え、半導体、光学部品、コンシューマエレクトロニクスを含む様々な業界へ、最も寸法精度の高い超薄板ガラスを供給しています。

ショットの超薄板ガラスは、異なる化学的および物理的特性を持ついくつかのガラスタイプがあり、板厚も25から210ミクロンの範囲で供給可能です。

AF 32® eco – シリコンウェハと同じ線膨張係数のガラスです。
D 263® T eco – 化学強化可能な唯一の超薄板ガラスです。
ショット独自のダウンドロー技術
 


理化学分野、タッチカバー、センサーの分野などにおける数百万平方メートルの超薄板ガラス(25 - 210 µm)の量産実績により証明された技術

無研磨表面

超薄板ガラスが製造できるだけでなく、幅広い範囲のガラス組成に適用できる技術